トップページ > 栄養素の基本「脂肪酸」

栄養素の基本

「脂肪酸」

飽和脂肪酸は、体内で合成されるので、不足することはありませんが、摂取量の少ない人で、血管がもろくなる、脳出血の発症率が増える、総死亡やいくつかの疾病による死亡率が高くなることが指摘されています。

飽和脂肪酸を過剰に摂取した場合には、 血液中のLDLコレステロールの量が増え、心筋梗塞による死亡率が増加します。

一方、不飽和脂肪酸は、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を減らす作用があり動脈硬化の予防に役立ちます。

トランス脂肪酸と呼ばれる脂肪酸は、脂肪酸の中でもトランス型という分子の形が、天然に存在する多くの脂肪酸とは異なるものを示します。

分子の形が異なるために、 ヒトの体内では、代謝されにくく、冠動脈疾患などのリスクを高めるという報告がみられます。

トランス脂肪酸は、天然では牛や羊などの反芻動物が胃の中の微生物によってわずかにつくることができます。

一方、 マーガリン、 ファットスプレッド、 ショートニングなどの製造工程でもつくられます。

参考になさってください。

なお健康食品初心者で、これから始めようとされる方は、その効果効能が科学的・医学的に立証されているマルチビタミンのサプリメントから始めてみるのが良いですね。

ちなみにビタミンやミネラルはお互いが助け合う事で、その働きを高めています。マルチビタミンのサプリメントを飲もうとされる方は、ぜひマルチミネラルのサプリメントも一緒に摂ることをお勧めします。

>>最新の「マルチビタミン・マルチミネラル」系マルチサプリメント比較はこちら

口コミを投稿する

目次

トップページ
サプリメント比較+口コミ人気ランキング
サプリメント丸分かり辞典
サプリメントの基本
栄養素の基本